スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田んぼのはじまり

2014.5 juneberrytaniutsugi 024 2014年5月31日
今年も田んぼの準備が始まりました。荒起こしをしたところです。


2009年1月19日 2009.1takkyubinhatake susuki 037
20年放ったらかしの休耕田。草どころか低木まで生え至るところススキだらけ。
田んぼの上に住んでいる猟師さん曰く「そこでイノシシ3頭獲れたぞ。」
田畑を始める前に開墾というより開拓の日々が続いたのでした。
まずは膨大な量の草刈。低木を倒してできるだけ根も掘り起こして。
2009.1takkyubinhatake susuki 036
草刈をしていると鹿の頭の骨が転がっていました。

1年目は開拓+少しずつ耕し野菜をつくっていきました。果樹は1年目からたくさん植えました。2年目いよいよ本格的な植え付け、田んぼも始めるために柵作り。
鉄筋200本を田畑の周囲に立て一番下にはトタンをその上には電線を何本も張る作業。1ヶ月以上かかって線を止めるためのガイシだけでも800個ぐらい!2010.4-5 ouchitanjoubiotya 048
電柵完成後は腱鞘炎になってしまったほどでした。

2009.1takkyubinhatake susuki 039 元は水路だったところもこんな感じ。

田んぼの横を流れる川から50mぐらい水路を掘り、
小川のような水路からようやく田んぼへ水が入りました。
2014.5 juneberryuna 008 2010.5 kame nouentanbo 056

2010.6-7 tanboayuasobibakabutomushi 017 
その後、耕転を繰り返し段々と水がたまってきました。
2010.6-7 tanboayuasobibakabutomushi 026 元々ミントが固まって生えていたところはそのままミント島にしました。田植えや稲刈りの時、効率が悪いので毎年島をなくそうかと思いながら今年もミント島顕在です。
初めての田んぼ、畔切りや畔塗りは慣れていなかったせいか本当にしんどかったです。途中で「何でこんなしんどいことをしているんだろう・・・」と思ったほどでした。田んぼの底をならすえぶり作業も初年度は何度も繰り返し。ガタガタでなかなか平らになりませんでした。「えぶり小僧」ことmidori-yaの息子ががんばってくれました!

2010年6月18日 いよいよ初田植え。
2010.6-7 tanboayuasobibakabutomushi 030 2010.6-7 tanboayuasobibakabutomushi 050

midori-yaの田んぼのはじまりでした。
今年も後は「えぶり」作業を残すのみ。いよいよもうすぐ田植えです。
「えぶり小僧」のどか 4年前の写真です。今年も期待しています!2010.6-7 tanboayuasobibakabutomushi 032
スポンサーサイト

midori-yaのこれまで

midori-yaは2014年4月18日に10周年を迎えました。
滋賀県高島市で花のアトリエ&ギャラリーショップを開業し、2008年10月末に和歌山に移転。それ以降、古民家の改修、体験型農家民泊オープン、20年以上放置されていた休耕田の開墾、新住居のセミセルフビルド、ハーブガーデン・フラワーガーデン作り・・・をしているうちに5年過ぎ、昨年秋より再び滋賀県高島市で花の仕事を再開しました。
1310-3[1] 滋賀県高島時代のmidori-ya

今春4月には10周年記念春花祭を高島市マキノ町の仮アトリエにて約3週間開催。以前のお客様・友人・知人・新しいお客様にお越しいただき楽しい時間を過ごすことができました。
現在は5月~10月まで和歌山の自宅に戻り、田んぼや畑・川漁など自然の暮らし・農的暮らしの日々を過ごしています。

コピー ~ 2012.3 yamagoyataira 088 和歌山 体験型農家民泊「山小屋 和」

11月からは高島市安曇川町の琵琶湖近くの繊維工場跡の一部を改装し、新アトリエをオープンする予定です。
今後は和歌山では農的暮らしを滋賀では花の仕事をやっていきたいと思っています。
10周年を機にmidori-yaのこれまで・これからを綴っていこうと思います。
プロフィール

midori-ya nodoka

Author:midori-ya nodoka
花と欧風料理 midori-ya。
2003年よりいわゆる田舎暮らしを滋賀県高島市にてスタート。2004年古民家を改装し「トータルオーガニックショップmidori-ya」をオープン。ギャラリーショップと自然派花のアトリエを併設。お山の上の花屋さん!?と評判になりテレビ朝日「人生の楽園」や雑誌「花時間」などで紹介される。
2008年和歌山県田辺市本宮町に移転。家の横の谷川の谷水で暮らし、20年近く放置されていた田畑を開墾。自給自足の暮らしを始める。自宅をセミセルフビルドで建築し、改装した古家を農家民泊に。
2015年、再び花の仕事をと滋賀県高島市へ。元繊維工場の建物の一部を改装し、花屋を再オープン。隣に一つ部屋を作り1年近く家族3人で暮らす。2016年4月、別荘地の中の物件を改装し「花と欧風料理 midori-ya」をオープン。花屋・花のアトリエ・予約制レストランをスタート。2017年9月、季節民宿としてもスタート。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。