スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナガサキアゲハ(ゴロキュー)

2012.5 gorokyurose 007 1ヶ月ほど前の5/7、「ゴロキュー」がのどかの虫かごから飛び立っていきました。

2011.12 gorokyudakkoku 003 2011.12 gorokyudakkoku 005
「ゴロキュー」はベリー園の入り口にあるシシユズの木に住んでいました。(11/15撮影)去年の冬、どんどん寒くなってきて他の柑橘系の果樹に住んでいた「ゴロキュー」の仲間たちが次々とサナギに変身していくのに、いつまでたっても食べ続けていた「ゴロキュー」。ある時、サナギになりかけて死んでしまった「ゴロキュー」の仲間を見つけ、「ゴロキュー」は大丈夫なのかと心配になり、特別にシシユズの枝ごとのどかの虫かごに入れて冬の間、保護することになりました。そして春が来て「ゴロキュー」は無事飛びたっていきました。のどかが図鑑で調べたところ「ゴロキュー」は「ナガサキアゲハ」という蝶の幼虫(本州では和歌山県と山口県に生息。その他は四国・九州にいるそうです。)だということがわかりました。他の幼虫よりも頭がゴロッとしているので「ゴロキュー」という名前になりました。家の玄関の近くのオープンスペースに置いてあったので外へ出るとき「バタバタ」という音が聞こえ、飛び立つところを3人とも見ることができ感動しました。
出てしばらくは近くのお茶の木にとまって休んでいましたが、すぐに谷の方まで飛んでいきました。今も山小屋の庭やハーブ園、ベリー園のあたりをよく飛んでいます。すでに子供もいっぱい産んでいるようで次の幼虫が柑橘系の果樹にたくさん住んでいます。みんな元気に大きくなってね。ただあんまり食べすぎて果樹を弱らせないでね!
2012.5 gorokyurose 008 「ゴロキュー」はメスだったようです。幼虫の時もかわいかったけどこんなきれいな蝶々に成長するなんてすごいですよね。
2012.5 gorokyurose 077 これぞ「オールドローズ」という感じの「ドクター・ジャマン」。香りもうっとり。「ゴロキュー」もよくやってきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

midori-ya nodoka

Author:midori-ya nodoka
花と欧風料理 midori-ya。
2003年よりいわゆる田舎暮らしを滋賀県高島市にてスタート。2004年古民家を改装し「トータルオーガニックショップmidori-ya」をオープン。ギャラリーショップと自然派花のアトリエを併設。お山の上の花屋さん!?と評判になりテレビ朝日「人生の楽園」や雑誌「花時間」などで紹介される。
2008年和歌山県田辺市本宮町に移転。家の横の谷川の谷水で暮らし、20年近く放置されていた田畑を開墾。自給自足の暮らしを始める。自宅をセミセルフビルドで建築し、改装した古家を農家民泊に。
2015年、再び花の仕事をと滋賀県高島市へ。元繊維工場の建物の一部を改装し、花屋を再オープン。隣に一つ部屋を作り1年近く家族3人で暮らす。2016年4月、別荘地の中の物件を改装し「花と欧風料理 midori-ya」をオープン。花屋・花のアトリエ・予約制レストランをスタート。2017年9月、季節民宿としてもスタート。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。